2006年04月21日

命を宿した友人に・・・


↑パピィのお弁当。↑


自分が今妊婦だから、というわけではないんですが。

マミィにとっても大事な存在であり、もうすぐお母さんになろうとしている友人が、今マミィの周りには数人います。

そんな友人のことを思い、マミィが最初の妊娠・出産の時に感じたことを書いてみようと思います。

今、自分の周りに初めての出産を控えている妊婦さんがいるとしたら、1日に一度でいい。

是非、その人のことを思い出してあげてください。

マミィは初めての妊娠中、それまでの自分では考えられなかったほど、情緒不安定になりました。

マタニティライフはすごく幸せでしたし、新しい仕事を始めたばかりでもあったので、毎日が楽しくて新鮮で、基本的に前向きなところは変わりませんでした。

でも、気持ちの浮き沈みは激しく、喜びや、幸せ気分が大きい程、ちょっとしたことがすごく不安だったり、悲しくなったりして、わけも分からず涙が溢れてくることも多々ありました。

それまでのOL生活から、一日中家にいる生活に変わり、時間もゆったりと過ぎていきました。

すると友達に送ったメールの返事ひとつでも、すごく遅く、待ち遠しく感じて、24時間は待てても、2日、3日・・・と時間が過ぎると、悲しくなりました。

すごくわがままで自分勝手なことは、頭では分かっているのに、淋しくて淋しくて、まるで自分が、誰にも愛されていなくて、この世にたった一人のような気がして。

こんな自分が母親になっても、お腹の中のこの子も、きっと誰にも愛されず、可愛そうな子になってしまうんじゃないか、とか。

その前に、こんな気持ちで、ちゃんと無事元気な赤ちゃんを生んであげられるんだろうか、とか。

そんなことを考えてしまう自分が哀れに思えたり、醜く思えたりして、そのうち、お腹が張って、痛くなってきたりして、また涙が止まらなくなるのです。

マミィは結婚も出産も、親しくしている友人の中では、一番早かったので、妊婦がどんなものかと、相談できる人も、頼ることができる人も、周りにはいませんでした。

後になって気付きましたが、妊娠中以外は、そこまで情緒不安定になったことはないので、女性ホルモンのバランスが崩れたり、といった、やっぱり妊婦特有の症状なんだと思います。

でも決してそれだけでなくて、たとえ嬉しくて幸せだという気持ちが大きくても、生まれて初めて自分が自分の中に命を宿し、育てているということに、喜び以上の不安や責任を感じているのが本当で・・・。

喜びに支えられている、その緊張の糸が、ささいな出来事ひとつで、プツッと切れてしまいそうになるのだと思います。

妊婦さんでも体調も精神状態も、様々だと思いますが、たぶん、こういう思いは母性本能を持つ女性なら、母親でも、そうでもなくても、共通して持っていることです。

ここまで書いたようなことを、ある友人が妊娠したのをきっかけに、マミィは別の友人に話しました。

自分が淋しかった、などという話をするのは、なんだか相手を責めてしまっているようで、少々、気が引けましたが、初めて妊娠した大切な友人に、同じような淋しい思いをさせたくなかったんです。

するとその友人は、こんなことを話してくれました。

まだ経験していない人も、「経験していないから仕方ない」じゃなくて、恥ずかしながら、やっぱりこれも「思いやり」なんだと思う。

遠くにいても、仲間を思いやれる気持ち。

仕事だったり、目先の自分のことでいっぱいで、でも、それは命の誕生に比べたら大したことないことで、

大切な友人が、大切な命を宿しているのに、その気持ちに近づこうと出来なかったことや、いろいろ気づけなかったことが何だか恥ずかしいし悔しい。


・・・と。

そして、

伝えにくいことを伝えてくれたことがとても嬉しい。

言ってくれなかったら、他の友人に対しても、また同じことを繰り返してしまう所だった。


とも言ってくれました。

この話をしていた時には、お互い想像もしていなかったのですが、なんと、この友人も、今では妊婦です!(゜O゜;

マミィに代わって、初の妊婦となった友人のために、この話を仲間内に伝えてくれるつもりでいた友人。

自分も妊婦になってしまった今となっては、きっと伝えにくいことでしょう(笑)。

だから、やっぱりマミィがこうして、仲間が見ていてくれるかもしれない日記に書くことにしました。

周りに初めての出産を控えている妊婦さんがいるとしたら、考えてみてあげてください。

マミィの友人や、今、頑張って命を守り育てている妊婦さんが、どうか、周囲の暖かい思いやりに見守られて、無駄な不安を抱くことなく、穏やかな気持ちで、無事、出産を迎えられますように・・・☆


ブログランキングに参加してます♪




  マミィのお仕事ブログ♪スピルリナもあります☆

  リクトの離乳食記録ブログ♪1年3カ月欠かさず更新しました!

  こちらは節約・貯蓄ブログ。いつも応援ありがとうございます♪


posted by マミィ at 11:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | マミィのつぶやき
この記事へのコメント
はじめまして、この記事についてですが、
こうゆう事は旦那と解決する事だと思う。
友人に助けを求めるのはどうかと思うし、それを押し付けられても(そう感じたので)
妊婦さんの精神状態は人それぞれ、それをお仕事をしている友人に少し思いやれというのは、
妊婦さんこそ、自分の周りの人の事を少し考えて欲しいと思う、(情緒不安定な時期以外で)
マミィさんには素敵な友人がいるので、友人同士で助け合って下さい。
ちなみに、私は友人たちより遅い出産経験者です。
Posted by 和子 at 2006年04月24日 10:30
>和子さん


はじめまして、コメントどうもありがとうございました!

始めに・・・私のつたない文章で、お気を悪くさせてしまったとしたら、まことに申し訳ございません。m(_ _)m

これは、私の初めての妊娠の時の経験や、実際に別の友達が妊婦の時も、メールのお返事がなかなかもらえないことでナイーブになってしまっている相談をうける経験も度々あったので、そういうことから書かせていただいたもので、決して、誰かを責めるつもりで書いたものでも、意見を押し付けるつもりで書いたものでもないことをご理解いただければと思います。

「友人」という書き方も、私の経験談から記事を書くのなら、「親友」とした方が伝わりやすかったかもしれません。


>妊婦さんの精神状態は人それぞれ、それをお仕事をしている友人に少し思いやれというのは、 妊婦さんこそ、自分の周りの人の事を少し考えて欲しいと思う、(情緒不安定な時期以外で)

そうですね。
記事中にも書きましたが、妊婦さんの精神状態や体調も、仕事をしている友人の状況も人それぞれです。
それだけでなく、身内や周りで不幸があった方や、ご自身が今大変な状況にある人なども、実際に今、自分の周りでもいます。

ただ、妊娠という状況に限らず、状況や忙しさも人それぞれだからこそ、お互いを(もちろん妊婦さんを、だけではなく)思い合うことは、お互いが嬉しいことであるかな、とも思っています。

ちなみに、自分の初の妊娠中もそうでしたが(今もですが)、記事中で登場させていただいた親友2人は、どちらも仕事を持ち、働きながらの妊婦さんです。

なので、「私自身が今妊婦だから」ということではなく、今初めての妊娠初期の不安定な中にいる親友の気持ちを知っているからこそ、いつもこの日記を見てくれている親友や、同じ状況にある方々に、知っていただけたらいいな、という思いで、あえて記事にさせていただきました。
Posted by マミィ@管理人 at 2006年04月24日 13:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16828084
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。